オレンジ🍊セオリーにて

連投です。

上旬のマナカードは、少々お待ちください♡

GWの初日は、オレンジ🍊セオリーにて、パーソナルレッスンを受けていました。

自分が入会した時に、紹介キャンペーンと銘打った抽選会にて、オレンジ🍊グッズが当たっていました。シューズを入れる袋と、給水ボトル、汗かいているのなんか気にしないと英語で書かれたタオル。

これはーー…。

使ってね♡ってヤツですね‼︎と、理解していつもジムで共にしていました。

その次の月、ジムの制度が苦手な旦那さんを紹介していました。キャンペーンは続いていて、また当選したとのお知らせがありました。

わー!寿司かなぁ…。寿司がいいなぁ…。と、聞いていると、パーソナルトレーニングが当たったとの事でした✨

ええっ‼︎ただでさえいつもキツイのに、コーチとマンツーなんて💦助けて…。

正直、その時は辞退したかったです。

でも、当たるということは必要であるということだと、有り難く思い。

レッスンは始まり…

フォームチェックをして貰いながら、フル後半は身体が崩れて辛くなりますとか言って走ってみせました。

そこからは、鏡越しに如何に自分の中心軸をぶらしながら走っているかを見せてくれ、股関節の固さと、これでは身体に負担がかかるのは当然と指摘されました。

軸がぶれている姿には、呆然としました。ヤバイって。これ。身体ぼろぼろにしているじゃん…。

そこから一時間、一体何回股関節というセリフを聞いたのか。一時間に限定すると、多分人生最濃密な濃度で股関節に向き合った時間だったと思います。

とにかく股関節に意識を向けるべく、数々のストレッチを教えて頂きました。

途中、軸チェックが入りました。

キロ10分のペースで軸を保つのが、やっとでした。

そこからまた、股関節のストレッチ。

そして…、二つのスィッチが入る瞬間が訪れました。

バネを圧縮させる様な動きのあるストレッチ…。

一人、感動しました。素晴らしい知恵だと思いました。

そして、もう一つのスイッチが入る瞬間。

腰下ろしながら、なんか違う。こうか。違う。コーチは中々いい顔をしません。何回か繰り返してから、わかった瞬間がありました。

頭ではなく、身体にオトシコマレタその瞬間でした。

一言。

察しましたね。

はい。わかりました。

祝福のファンファーレ、そのスイッチは、瞳の奥で作動していました。

最後にフォームと軸チェックをした時には、キロ五分のペースで走っても軸がぶれていませんでした✨

す、すごい‼︎すごい‼︎何が凄いって…。前の体感が思い出せない。手放し。

コーチも、いいです‼︎と連発。横に顔を向けながら、すごい!すごいね‼︎と私も連発。

一時間内で、改善されたことに驚きながらここまで出来るってことは、きっともっと出来るんだ…と思い。

賢人の名前は、一番初めに私に走る喜びを教えてくれた子と同じ名前でした。

あの時は、今。

今日もありがとうございます(^^)/

(Visited 14 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする