令和初日@白山比咩神社 金劔宮 瀬織津姫神社

こんにちは。ご無沙汰をしています。

令和の初日、私は故郷の石川県にいました。

この日に白山比咩神社に行こうと思っていたのは、並木良和さんの菊理媛からの警告という動画を見ていてなんとなくGWに行こうかなと思ったからでした。

その動画では、いい加減目を覚ませというセリフが幾度も散りばめてあり、タイミング的にも今年初旬にみていたものからも今、この時、令和に切り替わった日が間違いないのでは⁈と感じていました。

せっかくだから白山様の近隣にある、日本三大金運神社と言われる金劔宮と、たまたま本で見つけていた日本に数少ない⁈他にない⁈瀬織津姫を祀ったと明記してある神社が実家の側にあったことを知っていたので、そこにも行って参りました。

いつも運転は旦那さんに負んぶに抱っこですが、今日は彼を連れて行く感覚があったので自分がしました。鶴来あたりで道にタカかトンビが低空飛行して数メートル先に一旦着地後に飛び立っていき、その時はかなり減速しました。

スピード落とせ。

車の入り口には烏がいて、その脇を失礼しますね…と通り駐車をすると。

早朝6時前にもかかわらず、人がいっぱいでした。

一通り挨拶と、世界が平和であることをお見守りくださいとお願いをして先を急ぎました。

神馬の窓が開いていて、いつもより近かった!

金劔宮に。金運✨金運✨とウハウハしながら、金の蛇がいると言う乙劔社や恵比寿社に詣で…。視えないけど。

奥にある宮は、いつもとても気持ちが良いのであまりよくわからないけども参拝しておきました。

そして、瀬織津姫神社に。

なんだかただ行きました的な感じでしたが、とりあえず参拝しました。

今回の帰省は、色々ありましたが自らの感情をどう扱うかというのが私の課題でした。それから、父をはじめ皆んなとの時間をどの様に過ごすか。

父のところには手術の次の日に見舞って、足裏のツボ押しを一通りし、肩が痛いと言うので肩を触ってあげました。

今迄のような時間が、それ程は残っていないのかもしれないと感じる中。それでも笑顔になれるんじゃないかと思う言葉を意図せず探して。その言葉に、語彙のみならぬ意味を与えることが出来ているのか。

そんなことは、わからない。

ただ空間を共有するだけで、十分だと。

奇しくも、父も私もそのあと発熱しています。

数年前に物理学者であり、陰陽師の家系を継ぐ、保江邦夫さんの道場に5日に伺うにあたり、それ相応の浄化が必要なんだと思いました。彼の本を読みながら横になっていると、本の内容とシンクロするようにWIFIが繋がらなくなりました。

行くべき場所に行きなさい。

白山比咩神社には、スィッチを入れに行く必要があったのだと思いました。鳥達はそれを報せる役目があったのかもしれません。

今日はエプソムソルトのお風呂に入り、徹底的に綺麗になります。

今日もありがとうございます٩( ‘ω’ )و

(Visited 22 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする