水木しげるとカニ♡美保神社の先には黄泉比良坂

こんばんは。

Facebookに載せた投稿です。

金曜日の夜に寝台に乗り、出雲と境港と美保関に来ています!

サンライズ出雲はずっと揺れながら走っているので、眠りが浅かった。

まずは楽しみにしていた水木しげると蟹の為に、境港へ。ロードを突っ切る途中に、中国人観光客向けに内装をしたのかな?と思われますわけわからん調度品が飾ってある店の前に、

お目当ての新かにめしの文字を見つけたので入りました。1500円となっていたから、少し身がスカスカかも…。とあまり期待しないでいると…。

すごく美味しかった…。

酢飯の上にほぐしたカニを乗せながら食べる様になっていて、こんなにカニの身ほぐしたのは初めてなくらいほじりながら食べ終わったのは1時間後でした

甲羅の下には味噌がなかったから、ないんだなと思っていたら茶碗蒸しの具になっていて素敵でした。茶そばも美味しくて、なぜこんな値段⁈と思い。そうしたら、何人か後の人へ、もう新かにめしは終わってしまったんですーと言っているが聞こえ、そういうことなんだと。

食べ終わった時に、死ぬまでにもう一度食べるリストを作ろうと思い、新かにめしは上位入賞が決定していました。(自分比)

水木しげるロードを散策中にはすなば珈琲❣️があり、せっかくだから✨と堪能しました。鳥取砂丘に行こうと話しながらゴクゴク。少し苦味と酸味を感じる素敵な味でした。

先生と御婦人の小さな銅像や、撫でられ過ぎたねずみ男、キタローと目玉親父。

彫像達の肩を抱きしめた後は、美保関へ!

ちなみに妖怪神社の目玉石は、手を当てるとじわんじわんエネルギーが伝わってきて気持ち良かった!

お目当ての美保神社は、とても肌に合う空気感が漂っている神社だと感じました。出雲大社と日御崎神社とセットで参拝するといいらしい。

港町ですが潮の香りがあまりしない、穏やかさ。住みたい。

もう一つ。境港は橋が天空に向かって斜度が急に見える場所が何箇所かあって、それは私の畏怖心や妄想心が駆り立てられる造りでなんだかもやっときました

スピード狂男子または女子なら、きゃほー٩( ᐛ )وでしょうけれど。

最後は、レンタカーに乗った時に頭に映像が浮かんだ黄泉比良坂  よもつひらさか  に行きました。

その日に行った場所は、どこも最高に良かったのだけど、その場所では燦々と輝く木洩れ陽に恵まれました。

頭に浮かんだ時には、イザナギが追ってくる変わり果てたのイザナミ達に捕まらない様に岩で塞いだというその岩を見るのかな、と思っていました。

が、

その一度は見過ごした塞神、道祖神に木洩れ陽が降り注いでいるのを見ていていたらなんだか  目的は、こちらだという気持ちになりました。

あなたが見るべきものを、みなさい…。

帰り道、雲間が小さくて、だからそこから光が強くさす天使の梯子という現象を眺めながら、潜在意識と繋がった常に神の在る国の導きだったらときめきメモリアルだなぁ…と。訳の分からない妄想が脳を支配しているのに身を任せて、最後にはテレサテンにでも来てもらいたい気分に浸っていました。

とーきーのなーがーれーに身を任せーぇー

そんなことを書いていたら、出雲大社前に着きました。

雨が降っています。

長文お読みくださり、ありがとうございますっ。

(Visited 20 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする