高尾山にて✨

みなさんこんにちは😃

先日、高尾山まで行って来ました。

テレビでよく芸能人がレポートしているのをご覧になっているかも知れませんが

高尾山は、東京の西端に位置している標高599mを有する山です。山頂では天候によりますが、富士山の頂きが望めます

この日は、見た事ない幽玄な富士山が望めました。

都心から約一時間程度と、都民にとっては比較的アクセスが良いのと昨今の登山ブームで、今や一大観光地の賑わいを見せています。

そんな高尾山ですから、私が登る平日午前中でも、下山する時には人の列で立ち止まることもしばしば。

高尾山には、昆虫や小動物などの生物も多々いますが、やっぱり人が多い時には喧騒で彼等の気配が薄〜い様に感じます。

でも先日は違いました✨✨✨❤️❤️

なんと、ニホンアナグマに遭遇しましたよ

写真はこちら https://www.takao599museum.jp/treasures/selected/548/?lang=ja

ウッドデッキの端からモフモフした下半身を覗かせて。

あれ⁈イタチ⁈、と思っていると

パッと顔を表して

あれーーー⁈たぬき?ハクビシン?

しばらく見つめ合ったまま、鳥肌立っていました。こんなに間近にいることも目が合うことも、は、は、初めてだこんな事。

言い知れぬ感動と同時に、思っても見ない顔付きが少々気味悪かった

ちょうど視界から人がはけた時でしたから、山からの贈り物の様に感じて。

さっと姿が見えなくなってから、山にお礼の祈りを捧げました。

その日は、登り途中に倒れそうな木があって、時間が経てば倒木になるのだろうけど。

その時の木と地と生物に祈りを、先に捧げていました。

だからって訳では全然なくて。

本当は毎日朝起きたら祈ればいいんだろうな、と思ったのです。特別なことがなくとも、常に祈っても構わない。

でも、忘れてしまう。

祈りもエネルギーとして放たれるから、この地にカタチとして反映されます。

それは世界に貢献するものです。

いつも木々が私達を見守っているように、せめて倒れる時には最善であるように。

そこに個人的な願いはありません。

山に登る。それだけでたくさんの恵みを感じる。それもまた、龍の背中で遊んでいる様なものだと、感じるのです❤️

(Visited 27 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする