内在神と宗教

ブログをご覧くださり、ありがとうございます(^^)/

今日は、多分10年位前の出来事だと思うのですが…。ふと出た言葉について書いてみたいと思います。

それは、仲良しの飲み会の席でのこと。そろそろいい感じになってきた時でした。

その飲み会には、特定の宗教に信心をお持ちの方が何名か参加されていました。それは、結構有名な宗派でした。

私は別に宗教に偏見は無く、どんな宗教であろうと根底にあるのは’信心’だと思っています。

無宗教ではあっても、家族だったり、本だったり、尊敬する人だったり、生きていく上で何らかの支えを人は必要とするものだと感じています。全く何にもありませんよ。という方は少ないのではないでしょうか。今のところ、そういう方に出会ったことはありません。

宗教観に違いはあれど、それは、生身の人間が想い起した宇宙真理の投射板。色々と、そして様々な意図が汲まれた時に意味合いが変化していくのではないかな。と。

そんな風に、考えていた私の目の前に座ったSさんは、ふと言葉を漏らしたのでした。

まるでこの宗教の創始者を神の様に思う人がいるんだけど、そうじゃないんだよね。と。

その時、なんの意思もなく。Sさんに私は言いました。

「神は自分の中にいるんだよ。」

その頃、まだまだ何も知らなかった私は(今もそんなに変わらないかも)、精神世界のことは全くと言っていいほど興味なく、始めたばかりのハングルに夢中の日々を送っていました。

その時、そんなことを口走った自分に私は驚いていました。

ビールの泡の向こうのSさんは、私の眼を見ることなくただぼっとしていたように思います。

そんなことはずっと忘れていたのですが、ここ一年くらいこの出来事をよく思い出します。私は、知っていたんだ。’既知’とはこのことなんだ。という想いとともに。

そして、それは私だけではなく。

みんな、そう。

精神世界に興味を持ってから、内在神・魂・分け御魂・ソウル・愛・光、自分の内に宿している神聖な部分を顕す言葉を多々学んできたのですが、なんのことはない。みーーーんな、感覚として経験済みであったということ。

自分としては、不思議だと思うのですが。多分不思議でもなんでもなくて、ごく当たり前。そのことを知っていれば、目の前の人との接し方は自ずと答えが出てくるはず。

平和という言葉が、何を求めて産まれてきたのか。まだまだなんだけれど、これでまた少し近づけたのではないかと。そう、想うのです。

お読みくださり、有難うございました(^^)/

良かったら、こちらも見てくださいね♡

今後のイベント出展情報!

1月24日(火)ハックルマルシェ 朝市@ハックルベリー 相模原市緑区城山予定

1月28日(土) peaceful market vol.6@相模原rico

2月14日(火)ハックルマルシェ 朝市@ハックルベリー 相模原市緑区城山

3月12日(日) プチ癒しフェスタ@練馬区赤塚

マナ・カード講座、セッションなど各種サービスご用意しております…。詳しくはこちらをご覧ください(^^)/
迷っているあなたに…。お客様の声をご覧になって参考になさっていただければ、と思います。

その他マナ・カード講座の受講やセッションお問い合わせ、ライティングについて、ご相談はこちらからお気軽に当日!または急を要するご相談にも対応させていただきます!お待ちしております。。

なお、ライティング記事は、高尾のカフェTOUMAIについてのこちらと八王子として初の甲子園出場となった八王子高校についてのこちらから。ぜひ、一読下さると、幸いです(^^)/

(Visited 34 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする