東日本大震災を想う

あれから五年が経ちました。

あの日、母親からのSOSを受けた自分は母親の身に起きたことを想い、かなり気が動転していました。そこに感じた事の無い大きな揺れ。

人は、自然の摂理には抗えないし、人の運命すらそれに内包されている。それが絶対なんだと、激しく動転する気持ちと、感じた事のないスケールの大地の揺れの中で、おそらく体験していたのではないかと思っています。

それでも、なんとか、生かされた人はそれを希望として、綿々と日々を重ねてゆく。

抗えないモノがあるのなら、せめて、

争い事は少なくしたい。

闘いに負けた訳でもないはずなのに、国土と幸せをさらわれる様な悲しい事態は起こしたくない。

これまで続いてきた日々に、感謝します。ありがとう。

(Visited 30 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする