感情物語 そして 握り寿司

こんばんは。

前回の記事を読み返してみると、随分と感情的になっているのが伺えます。

そんなに⁈と。

書いていると盛り上がってしまうことがあります。

社内グラフティに仕立ててみました。

抽出してみると

ミスっているのを何回か見破られ、更にミスったと思われた。

これだけ💦

単なる、出来ないはん。←ひょっこりはんのパロディー。

それに、本当のことなんてわかりませんし。

が、信頼と言葉についてのテーマがありましたので、その為に書いてみました。

で、話は変わりますが、

夕方に握り寿司を頂いてきました。

普段は廻っているところで十分満足なんですが、今日はご馳走になってのカウンターでした。

一つ一つ出てくる握りに、いちいち感激していました。

茶碗蒸しの中にユリ根が入っていて、それがホクホクして新鮮で…。

貧乏人っぽい感じでなんなんだけど。

身体がとても温かくなり、心が満たされていました。

人が握っているからか。本当に美味しい。何年握っているんだろうか。

確か私が二十歳くらいから握って居たような。

ずっとずっと握ってきた手だからだろうか…。

ちなみに、私の母は遠足の時くらいしかおにぎりを握らない人だったので、その美味しさを思い出せません…汗。

その道 に触れたような、あんなに満ちた感じを受けたのは、とても新鮮でした。

職人

憧れます。

今日もありがとうございます(^^)/

(Visited 14 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする