ドラマ@板橋シティマラソン

こんにちは😃
ブログをご覧下さり、ありがとうございます!
日曜日は、板橋シティマラソンに参加していました。

結果から先に言うと…
目標にしていた4時間は、切れませんでした💦
前日から全く走る氣がせず。なるようにしかならないと言う感じで。あまり何も考えていない状態です。

当日も氣合いが殆ど入らず、淡々とレースは開始されました。

走り始めて10キロ、これ…いけるかも⁈全く不安要素がない。あるとしたら、30キロ以上このペースで走ったことがない事だけでした。
ハーフに近くなると、折り返したみんなとすれ違えて、パワーが戻ってくるのを感じていました。
25キロまで、達成可能なペースで走れていました。
ただ、ただ、このペースで走ればいい。それだけで余計な思考もなく、足は10キロ過ぎて左に痛みがあったけど、それなりに行けると思っていました。

26キロで給水しようと止まり、動こうとしたその時

左膝の裏に向かって、刺すよう痛みが走りました。

その瞬間に、今日自分の望みは叶わないことが分かりました。

痛くて、足は着けませんでした。
そのまま引きずってしばらく歩きました。痛みで歩くのもままならない状態に、完走も諦めるようかも。と。

歩きながら様々な思考が巡ります。
あれが悪かったのかな?
あのせいかも。
そんなことを繰り返してから
28キロ当たりで、最初に痛みが走った瞬間を思い出した時、体に無理をさせていたことに納得しました。

と同時に
そのことを申し訳無く思い、詫びました。
大事なことでした。

私は
私の氣持ちだけで生きている訳ではなかったのに。
体に謝っていたら、涙が出てきました。
魂に届いた、涙でした。

リタイアしたいと思いながらも、なんとか32キロまで歩いていました。

そこから、少しずつ歩くのと変わらないくらいに走る事が出来ました。
痛みが出たらスピードを緩める、その姿は多分 走る からは程遠いものであったかもしれません。

それでも、もう少しすればまた回復して走れるようになるかもしれない。その事に希望を持って、ゆっくりペースを紡いでいました。

痛みが治る
その事に意識を持っていきました。

35キロからゆっくりですが少しずつスピードが出てきました。

良かった。走れる。その瞬間は最高でした。

37キロにきて、残り5キロは怖がらないで精一杯走り切ろう!と安定して走れました。

幸せでした。
残り2キロは特に、充実していました。心からの笑顔が戻ってきたことに満足していました。

結果は昨年より10分遅いものでした。
けれども、成長を実感出来たかけがえのない実り豊かなレースとなりました。

状況を恨むことなく、悔やむことなく、受け入れることが出来ました。
意識の上では、成長も感じられました。
痛みはレース後にかなりあったので、レース中に意識で治せたことは自信にもなりました。

真実の自分が今日、私に何を経験させたかったのか。

いつもいつも思うこと
42.195キロを走る事
それ以上を賜ってばかりです。

光の源 走ること ツナグ ツナガル

(Visited 23 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする