クッキングパパ展@京都番外編

おはようございます!ブログをご覧くださりありがとうございます(^^)/

今日は京都国際マンガミュージアムでやっていた、クッキングパパ展について(^^)/

京都に行くと決めた時に、偶然にも大好きな愛読マンガ「クッキングパパ」のイベントをやっていると知りました✨

私は漫画が結構好きで、自宅の一面を全部本棚にするほどだったのですが、大分断捨離して今はその半面も埋まらない程度の漫画と生きています✨

特に中でも、クッキングパパとの付き合いは長く…それはある人とお互いの漫画を交換したことで私の元にやってきました。当時サンデーコミックスにあった、原秀則の(トレンディードラマにもなった「部屋にお出でよ」とか「冬物語」とかの作者)

「ジャストミート」と交換したのです。知っている人いるのかなぁ…。多分いないね。

今や144巻まで続くロングセラーとなって、主人公荒岩を囲むキャラクターも増えまくっているのだけど、エピソード盛りだくさんでそれぞれのキャラクターが成長していっているので、すっかり感情移入して愛読している次第なのです…

彼が勤めているのは、金丸産業。基本的にここに出てくるキャラクターは闇が浅いので、陽気な性格の人の方が多い印象があります。なので、和気あいあい、ミスも成長の為。読後感もいいし、何より、なんかっつっちゃあ荒岩が御馳走を作ってみんなでどんちゃんしているので、こんな会社があったら勤めたい…💦

さぁ…本題に入りましょうー

入口にはイベントのポスターが貼ってあり、一氣にテンションが上がります✨ と、その前に…

お腹が空いたので、併設されているすぐ右手のカフェで昼食をとることにしました。入ってみると…

壁いっぱいの漫画家達の壁画が✨一番氣合が入っていたのは、高橋真琴氏によるものでした。カラーでタッチが繊細✨見惚れてしまいます♡もちろん、クッキングパパもいたし、伊藤理佐(「おいピータン!!!」は恋愛バイブルでしょう…)もいました。

ここでオムライスを食べたのですが、甘くて卵はふるふるでとてもおいしかったです。写真は撮りそびれていますが…

そして入館料800円を支払って中に入ってみると、とにかく漫画!漫画!漫画!連続しているものは途中までだったりするのですがかなりシリーズが揃っていて読み放題でした💦一日いられますね。

クッキングパパ展は撮影禁止だったので、写真を載せられませんが、展示物を周りながら見ているうちにこの二十年を思うとなんともいえない氣分になり、ほろっとなりました💦

続ける氣持ちが尊い。そんな印象でした。

ここにも、表現するツールに出会えた祝福がありましたよ✨

そんな漫画家達を導くかの様な、火の鳥オブジェがありました✨すぐそばで見られるのですが迫力満点!

こういった、ミュージアムの各所に感じられる潤いに満足して、ここを後にしました。

クッキングパパについて最後に!毎週毎週、何らかの料理を作りレシピを紹介するというのがこの漫画のスタイルなのですが、そこにまつわるエピソードとともにその回の主人公がライトアップされる形をとっています。

それらのエピソードは、スケールの小さいモノから大きいものまで様々です。

私はこれらの中でも小さい日常の物語を読む時に、大事なモノはどこにあるのか…ということを一旦自らの胸に返すような氣持ちになるのです。洗心✨

これで京都編は完了です。長編お読みくださり、ありがとうございました(^^)/

今日もありがとうございます(^^)/

良かったら、こちらもご覧ください。

2017.09.06 料金改定✨を更新しました。

2017.12.30   効用とお客様の声を更新しました。

マナ・カード講座、セッションなど各種サービスご用意しております…。詳しくはこちらをご覧ください(^^)/
迷っているあなたに…。効用とお客様の声をご覧になって参考になさっていただければ、と思います。

その他マナ・カード講座の受講やセッションお問い合わせ、ライティングについて、ご相談はこちらからお気軽に当日!または急を要するご相談にも対応させていただきます!お待ちしております

(Visited 21 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする