走ることでわかること

おはようございます♪

今朝、YouTubeで誘導瞑想🧘‍♀️を聴きながら瞑想しました。

しばらく深い呼吸を繰り返していると

身体の前に組んでいた手が、息を吐き出す時にぐーんと身体から離れて弧を描くようにあがって行きました。

しばらくグンと上がったまま呼吸を繰り返していたら

ふとまた降りてきて

呼吸を吐き出す度にまるで第二チャクラに反応するかの様に上がっていきました。

ふと脳裏に以前読んだ本にチャクラの配置図が載っていたのが浮かんできて

チャクラはこんな形なのか…と思っていた

そのチャクラからエネルギーが巡っているんだという

体感があって

とてもhappyな感じでした…❤️

 

昨日は陸上チームに参加していました。

私は今、本当にスピードが出ないランナーになっていて

チームはレベチなもんだから、いつも参加するのが本当に苦痛で仕方ありませんでした💦

雨が降ると嬉しい

本当に状況に合わせて消えていこうと思うような感じでしたが

走ることで気づいてきたことが、人生に何を与えてくれていたかも自覚があったので躊躇していました。

今の自分が間違っているのは、マインドですらわかっていたのを自分にひた隠しにしていました。

昨日は、スピードが出なくても最大限出すことだけにエネルギーを使って走ってみました。

自分の器だけに集中して。なるべく前を走る方についていけたらなおいいと思いながら。

とにかくどうでもいいから、走る。

そうしたら、とても充実しました。

ハートは開きませんでしたが、ここから逃げたいマインドをやさしく抱きしめ。

いいよ、できる範囲でいいから頑張るよ、と語りかけ。

ただ走ればいいだけなんです。一人で走る分には何のプレッシャーもないしなんともないことなんです。

でもこのチームで走ることは、私にとって苦痛でしかありませんでした。体型でトレーニングしていないこと、気力が足りていないこと、全部ばれちゃう。

そして何より怖いのは、そんな自分を否定する気持ちがあるのが、みんなを通して炙り出されてしまうことでした。そういうことではないのに。

そういうことを認めると、向き合わなくてはいけなくなる。向き合いたくない。

私は、たったこれだけのことが怖いのです。

怖かったのです。

昨日は、走る前からもう浮かんできてしまった気持ちだったから、なんとなく掴めるんじゃないかという希望もありました。

そのままの自分でいいって本当だな。

ただ最大限の自分を出す必要はありました。

そうしてまた少しづつ、広げていく

意識が変わればまた、グンと変化する。

本当の意味で誰も何も施すことは、出来ません。また、本人というか魂はそれを望んでいない。

それは…

それも生まれてきた約束の一つだから

いつもある、希望 またの名を愛

(Visited 21 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする