コーヒーとゴシップのこと

みなさん、おはようございます♪

先日、コーヒー屋さんでいつも飲むものを注文しようと待っていたら、ふと違う飲み物が目に入りました。

あれ⁉︎そーいえば飲んでみよーーと思っていたな。でもなぁ。迷っていると飲め‼︎のサインが。

わ、わかった。とりあえず行動だよね。

飲んでみると

何これ⁉︎お、い、しーーー🎵

瞬時に決断 が改善策となりました。

さくさく。あーーーさくさく。

偏ったハートもそれはそれでかわいい

今日は、スピリチュアルゴシップのお話です🎵

少し前に友人から、並木良和氏と保江邦夫氏の話を耳にしていました。

どちらも縁を感じた時期があり、著書を拝読していたのです。

だけど

並木氏の激辛好きとかYouTubeで見ていて、スピリチュアルマスターが激辛⁉︎なんか違和感を感じていました。そして並木氏のワークショップの値段がどんどん釣りあがっているのにも、違和感を感じていました。

でも、人間だもの。

このゴシップ話も、人間そのものだなぁと思って保江邦夫氏の著書を読んでいました。

そこには、

バシャールが保江邦夫氏に、並木氏とは関わらないようにと伝えてきたと。彼は闇の勢力だからダメだと。

ば、バシャールがダメ出し⁉︎

うーん。バシャールもっと他の伝えなきゃいけないことあると思うけど。そんな個人的なことバシャールいうかなぁそれだけお互いの役割があるってことかな。

並木氏の言っていることは一貫しているし、彼に会うことはないと思うけど、彼の著書を読んでいて二回ほど救われたことがありました。

そこには、自分が恐れていた内容についてかなり具体的に書いてあり、なぜそれを恐れる必要がないかわかりやすく説明してありました。考えた瞬間にその一文が目に入ってきたのでビックリして湯舟に本を落とすかと思いました。

つ、繋がっている

で、そのバシャールをして並木氏を批判している部分を拝読して思ったことなのですが

そうしてもいいし

そうしなくてもいい

ということ。

そして並木氏が、もし、闇の勢力だった場合。日本のスピリチュアル界を牽引するなら、世界をとりまく闇を知らないはずはないと思います。それを知らずしてマスターであることは不可能だと思います。闇の濃さで言えばどれくらいでしょうか⁉︎単純な私にはよくわかりません。汗

本当に悪い人は、どんなにいいことをしても必ず何かしらの闇に引っかかる様になっているのだと思います。

悲しいかな、それはそれで大事な役目を果たしているだけなのだと思います。

ただ、どんな状態になったとしても、選択する自由はあります。

ちなみに繋がり方からみると、闇の勢力とは思えません。最近出版された著書を拝読してもやはり一貫していましたし。

まーーー、小五男子の魂を持つ私にとってはどーでもいい話です‼︎

ちょっと書いてみたくなったの

バシャールがなんと言っても、今を楽しむ方が私にとっては大事だわーー‼︎

ではではまたねーヽ(*´)

(Visited 28 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする