ふと心に浮かんだこと@子安神社

おはようございます。ブログをご覧くださり、ありがとうございます!

昨日は、八王子の方向がいい日だな…。と、15日だったのでカードを触っていました。

ふと

そうだ!子安神社に参拝しよう。と思い立ち、先日の富士山のお礼も兼ねて行って参りました。

どうしても聞きたいこともあったので、ドキドキしながら行くと…

宮司さんが歩いているのが目に入り、なんとなく目の端で追っていました。

本殿でどうしても聞きたいことを聞きながら、参拝をすると

何の動きもないから、あぁこれは。叶わないかもな。と「御幌」(みとばり)を眺めると、風は感じませんがゆらゆらと揺れていました。

そんなこと、ないのか。と。ほっとして本殿を後にしました💦

神社では歓迎のサインと呼ばれる、吉兆を示す現象があります。

今私が書いたように、本殿とか本殿参拝の場所に、白い薄い布の飾り布が数枚垂らしてありますよね。あれは、神社では「御幌」(みとばり)と呼び、「正絹」でできているのだそうですが、それがくるくる回る。ゆらゆら揺れる。というのはその一つです。

他には、動物にあう。いい香りがする。参拝の時だけ天候が変わる。神事に遭遇する。人払いが起こる。などなど。

氣分がよくなるようなことは、全部歓迎のサインと思ってもいいんじゃないでしょうか?

さて、隣のコノハナノサクヤヒメに、富士山無事登頂のお礼を申し上げた後は、建物の下をくぐって金毘羅様やいくつかある末社、葦船社にお参りします。

建物をくぐって行くと

急に風と共に葉っぱが舞い散って来ました。

これは…なんだ。なんだこの爽やかさと優しさは??

誰ぞ?と聞きたくなる。一瞬戸惑いました。

そして祝詞を唱える声がします。

見ると葦船社で供養をされている方がいました。供養の唱え言葉はなんていうのでしょうか?祝詞とは言わないのかも。

あぁ…。

書くのどうしようかな。と思うところですが、

私達のところには、随分早く産まれてしまい生きられなかった子供がいました。

昨日下旬のカードについて書いていた事。

炙り出して炙り出して、手放して手放して

性別はまだわかりませんでしたが、多分男の子だったと思います。

そのことを思い出すのは、私にとっても辛いことです。ここでこうしてこの感情を手放す必要があったのですね。

その時は、本当に幸せでした。楽しみにしていたし。疑いは一つもなく。当たり前に産まれてくるものだと思っていましたが、そうなりませんでした。

炙り出して炙り出して、手放して手放して

それをするためには、感情をどこかに吐き出す必要があります。

そして、大事なことは、感じる必要のある感情は感じきらない限り終わらないということ。それを体験するためにここにいるのです。

紙に書いてもいいでしょう。バスタブの中で思いっきり叫んでもいいでしょう。もちろん祈ることで助けもあると思いますから、いいと思います。

スペース

感情を出してしまうため。

一旦出し切ったら、開くはずです。

一通り、参拝するところは終えて境内に戻ると…

黒味が強いハトが一羽✨

厳島神社の分社があったので、そこも参拝し見上げているとハトが一羽、綺麗に羽ばたいていきました✨

いつも思うのだけど、祈っていたりする純粋な氣持ちが 筒 パイプ の役目を果たしている時 で

それが天と地を結ぶ 人の一つの役割だと感じるのです。

今日もありがとうございます(^^)/

良かったら、こちらもご覧ください。

2017.09.06 料金改定✨を更新しました。

2017.09.13   効用とお客様の声を更新しました。

マナ・カード講座、セッションなど各種サービスご用意しております…。詳しくはこちらをご覧ください(^^)/
迷っているあなたに…。効用とお客様の声をご覧になって参考になさっていただければ、と思います。

その他マナ・カード講座の受講やセッションお問い合わせ、ライティングについて、ご相談はこちらからお気軽に当日!または急を要するご相談にも対応させていただきます!お待ちしております。。

なお、ライティング記事は、高尾のカフェTOUMAIについてのこちらと八王子として初の甲子園出場となった八王子高校についてのこちらから。一読下さると、幸いです(^^)/

ライティングのご依頼も心より、お待ちしております!

(Visited 20 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする