右脳左脳セミナーと高額セミナーについてちょっと思うこと

みなさんこんにちは😃

久しぶりにセミナーに参加してきました。

ネドじゅんさんの右脳と左脳のワークセミナーです。

最初に申し込もうとしたときは、満席でしたが、ふと思いついてサイトを見たときにはキャンセルが出ていて申し込めました。

始めから終わりまでずっと眠かった…

なぜなら途中の力を入れるというワーク以外、ずっと穏やかでネドじゅんさんも瞑想ワークも声の音域が私にとって催眠レベルだったから…

そして、最後に今なぜ右脳回帰かというお話をしていましたが興味深いものでした。

私は、真の平和に世界的にかえっていくからって感じていたのですが…もっとミクロマクロでいうとミクロなお話でした。

ここからマクロにつながってゆくのでしょう⁉️やってみないとね💖

この時にそれこそ左脳が発動して聞いていた以外は、ほとんど夢か現か状態

もう高額セミナーに手を出しても意味がほとんどないと思っている私。

なぜなら私自身、真に見合っていない状態でそれらのものにそれだけの価値を与えてしまうことで問題を生じさせてしまうこともあるんじゃないかしら…と考えているし

それから、何より当時なかなかの金額を支払って←当社比 セミナーに参加していた時の動機は、今思い出しても褒められたものではありませんでした。

覚悟もなかったなぁ。

今はまだ本当のことを思い出している途中だから、明確なことをつかんだ感触を感じられないけれど

それ、はワタシにとって高額セミナーの中では見つからないものになっていると感じるのです

本当にそこらへんは人それぞれだから

体験しないとわからないよね

開催する方によって高額になってしまうものはあるし、時々えっ思ってしまうようなものが混じってしまっていることもあると感じています。ものによってはそれらを否定する気持ちがないわけではないけれど、何をするかは本当に個人の自由。

否定する気持ちがある時は、なんでそんな風に思っている⁈と本心に辿り着くまで自分に聞き込み調査します

ただ、私の魂はめちゃくちゃ人を選ぶらしく…

私個人が嬉々としてちょい高額なセミナーに行ったりしても、大した成果を出さないこともあることに気づいてからそれらのことを考えるようになったのです。

多分、魂は私がそれらの影響を受けることに同意していない

または、それ用に受け取れる器になっていない

そして自分が受け入れやすいのは、自ら湧き出てくる感覚と山に入った時や川に入った時の感覚から受け取れるものやそれぐらいに愛が深いものぐらいなのかもしれないと感じ始めました。

なんでこんな話になってしまった⁉️

あ、ネドじゅんさんのセミナーが主催者を考慮してもかなり価格がおさえられていたのをみていて、ワタシの考えるセミナー価格についてを急に書きたくなったから。

本当のことは広く遍く知れ渡る

ちなみに、私はもう私的な意識を持って発された言葉や文章を受け取れなくなってきていて、その意味でも右脳左脳セミナーは弾かれるものはほとんどなかったから

なんかよかった

そして蒲田まで出掛けてきたのだけど、駅のホームの音楽が蒲田行進曲で、ちょっとテンション上がった。昭和は遠くなりにけり〜♪

ピカピカ✨

生クリーム蜂蜜オーレfeaturingよく焼きミックストースト🍞

素晴らしいビジュとお味でした💖

 

(Visited 11 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする