スピリチュアルってなんだろね1

大分ご無沙汰しています💦

明日は春分の日。

こんなにブログをほっぽといてしまいました。

書きたいことはあるのだけど、なんだかどうなの⁈という煮え切らないモヤモヤがあり、少し待とうと思っていたらこんなに間があいてしまいました。

三月始めに5日間講習会に参加していました。それに参加するには、昨年から伏線を自分で張っていたのですが

始まるまでも、終わってからも今なお学びが継続されている実感があります。

割と劇的な変化があるという講習会だったのですが、私はそこまで自我の準備が足りておらず何故そうだったのか。そしてこれからの課題が明確になって、それらの糧とともに終えることが出来ました。

しかーーし❣️ワークが進んでいる人達はすごかった

いや、はたで見ていてもめっちゃ面白かった✨✨

エネルギーワークの体感で踊り出しちゃう方、ぐるんぐるん回って止まらない方、時間がきてもワークが終わらず収まるまで人相が変わったままの方。直に見た訳ではなく、次の日に、ご本人と周りの方から聞きました。

私はと言えば、マインドがめちゃくちゃ抵抗していてエネルギーワークは中々受け取りづらそうと思っていました。受け取れなくても、それも受け入れる事だなあと。

そんな体感音痴でも

一回、身体の内側を何かがウネって登っていく感覚を、龍⁈と思った時に眉間の内側、第六チャクラ辺りが紫色に光っていたのをみたのと

最終日に、変性意識状態に入ったのが自分でわかったのだけど、それとともに下から大きな何かに身体毎持ち上げられた感覚があった瞬間がありました。

その時は、やばい‼︎‼︎持ってかれるーー。と目が覚めてしまったのですが、今思うと任せるところだったと感じてます。

こうして書いてみると、そこそこ体感あって、別に音痴じゃないやね。

こんな風に書いていますが、エネルギーワークは媒体になった方がクリアであるほど降りてくるモノの純度が高いし、そして質も変わってくると思うのですが、それはそちらのマター。

受ける方のマインドで、すなわち魂の開き具合でだいーぶワークの受容量が変わってしまいます。準備具合で相乗効果の差は大きく出ました。

今回自分を含んだたくさんの伝授者達に触れてエネルギーワークに対する考えも深まりました。

いつも割と文字にしていることと変わらないこと書いているのですが、読む人が読めば通じるんじゃないかしら、と思います。

そしてライトワーカーって何だろうね。

心の底からやりたいこと出来ていれば、全てはライトワーク。

まぁいいか。

あんまり書いてると終わらないから、ここらでやめます。その2をお楽しみにーー✨

またねー(^^)

(Visited 32 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする