2020 .06月のマナカード♡

もはや梅雨のような東京でした。

やっと6月ですね

緊急事態宣言の解除も二段階目に入って、やっと日常が戻りつつあります。

コロナのこと、私は志村けんさんが亡くなった時をマックスにして、それ以来はほとんど考えませんでした。インフルエンザより影響力がないので。

時々Facebookでかかってしまった方の投稿をシェアしている方がいましたが、あまりに悲惨で想像するだけで辛く。

自分のものじゃない感が漂っていました。

祈ることしか出来ず、いつも思ったことは

コロナの状況が生じたのも愛だと理解していれば、何度も何度も何度も見させられたウィルスが影響しない周波数があると。

思考は果てしなく巡るけど、選択肢は二つ。

死ぬか生きるか

雑かもしれないけど、今もそう思う。

前にあげた投稿で、スリランカカレーのお店のことを書きましたが

コロナが生まれたのも愛だとして、溶ける状況もまた愛だと思っています。低くて重ければ同等の幅を持つ高くて軽くいものにしか還れないのでしょう。

そういうものが生まれる場所は、一朝一夕にはないのでしょう。

コロナのニュースを見るたびに、スリランカカレーを思い出し、あれならとけることができるんじゃないかしらん。と思っていました。

彼らコロナは、圧倒的な愛に身を捧げたいんじゃないかな。

はねのけるかのような健全さには合わずに、圧倒的な愛にとけていく。

単に統合される闇の深さのために生まれてきた。それだけのことだったのかもしれません。

単純なのは、私の思考。

前置きがめちゃくちゃ長くなりましたが

今月のマナカードです

前回はママラホエでした。慈しみがテーマ。自分の中で、先月にうまれ解決していないことがあります。

魂は慈しみを持ってそれを受け入れている、そんな風に受け取りました。

そして今回は!

ハウメア

食いっぱぐれないというイメージ。豊饒がテーマです。

大地の愛を象徴したカード。 

母なる愛。

受け入れ。

産む。

などのキーワードが浮かんで来ますね。

本当の豊かさって⁈

生きていく自分。

そのハートの現れにふれること。

けがれのない瞳

あなたの見るべきものを、みなさい。

物語は、続くのでした。

(Visited 53 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする