函館八幡宮と湯倉神社

おはようございます(^^)/ブログをごらんくださり、ありがとうございます!

函館の3日目は、神社巡りでした。途中から雨が降ってきたので、あまり時間は割きませんでした💦

初めに、市電の終点:湯の川まで行き。駅すぐそばの湯倉神社へお参りしてきました。

クマが湯治をしたことが、由緒となっていていかにも北海道らしい。と。

御祭神は、大己貴神(おおなむちのかみ:大国主命おおくにぬしのみことのこと)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の三柱でした。

想像していたよりも規模の大きい神社で、とても氣持ちのよい場所でした✨

手水舎には珍しく亀が。龍はよく見ますが…

神兔といって撫でるとご利益のある石像があり、優しくなぜなぜとしたのですが本当に氣持ちまで優しくなり…✨なんだかずっと撫でていたい氣が。

開運小づちというオプションも✨色々思いつくなー。と言いながらもやってみましたよ。なんだかちょっとアトラクションっぽい感がなくもない。

そして!!素戔嗚尊の息子だという、宇迦之御魂神にお参りを…✨

一通り、ぐるっと回りましたが特にこのお稲荷様のところは静かで氣のいい場所だったように思えました。

そして、市電で反対側の終点 谷地頭までゆられながら来たのは、函館八幡宮です。

途中、函館山が霧にけぶっていて、幻想的でした…

一の鳥居。

御祭神は、品陀和気命(ほんだわけのみこと)応神天皇のことです。住吉大神(すみよしのおおかみ)、金刀比羅大神(ことひらのおおかみ)です。

この二の鳥居のそばにあった急傾斜地 の脇の森が、高尾の妖精の住んでいる森にそっくりでした✨写真を撮ると、小雨が降っていて暗かったにもかかわらずこの時だけ光が上手く差して。

三の鳥居には、神威の文字が。武運を感じさせます。こちらの神社は、武運と金運にご利益があるようでした。

本殿よりも背景が氣になって仕方ありません…

境内の脇にあった、延命の桜。台風によって瀕死の状態でしたが篤い手当の甲斐もあってなんとか今まで生き延びている様です。

そして、本殿の脇に鶴若稲荷神社がありました。

御祭神は、またも宇迦之御魂神✨ご縁がありますね。

両方とも氣のいい場所には違いないのですが

函館八幡宮の妖精の森が、一番印象深かったです✨ここと高尾の森は繋がっているとしか思えませんでした。思い込みじゃありませんように…。

お読みくださり、ありがとうございました(^^)/

良かったら、こちらもご覧ください。

マナ・カード講座、セッションなど各種サービスご用意しております…。詳しくはこちらをご覧ください(^^)/
迷っているあなたに…。お客様の声をご覧になって参考になさっていただければ、と思います。

その他マナ・カード講座の受講やセッションお問い合わせ、ライティングについて、ご相談はこちらからお気軽に当日!または急を要するご相談にも対応させていただきます!お待ちしております。。

なお、ライティング記事は、高尾のカフェTOUMAIについてのこちらと八王子として初の甲子園出場となった八王子高校についてのこちらから。一読下さると、幸いです(^^)/

ライティングのご依頼も心より、お待ちしております!

(Visited 20 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする