瞑想 今にあること

ブログをご覧くださり、ありがとうございます(^^)/

一週間のハジマリ、雨がしとしとと降っています。

最近ヨガに行ける時が不定期になってきたので、昨日から瞑想を日課に加えました。

瞑想中は雑念が入らないように、手のエネルギーを感じたり、ひたすら自分の魂に愛を語りかけたり、両方の両親とそれぞれの祖父母を思い浮かべてありがとうを唱えたり、きょうだい、血縁者、関わっている人を思い浮かべてありがとうを唱えたりしています。

今まで意識してやっていませんでしたが、みんなどこかで繋がっていることが前提なら、これも必ず伝わっていますね(^^)/

これは静的瞑想ですが、それと他に動的瞑想と言って、天と地と人に祈りを捧げる様な動作を300回繰り返すというのもやっているのですが、これはなかなか時間もかかり大変なところがあります。時々回数が少なくなります。

ヨガの修練中も、とにかく考えないように、目の前の壁紙の模様に集中したり。体の部位を感じたり。意識的に、今に集中するようにしています。

そうすると、確かにあれこれ思考するよりずっと気持ちが楽になり、いらない考えがなくなっていくような気がします。不思議ですね。

自分にやりたいことがあったり、夢を持っていたり、目的や目標に向かって生きていたり、皆さんそれぞれ色々あると思います。

服部みれいさんのフレーズがとっても気に入っているので、今日はそれを拝借したいと思います。(「あたらしい東京日記」 服部みれい著 帯の一文より)

こうあるべき、ということはどうやら、ひとつもないようなんです。

それよりも、どうぞ、今日を、今夜を、この時間をたのしんでみてくださいね。

私も、そう思うので、瞑想をしたりヨガをします。その瞬間にある、光を見つけられる自分になるために。

お読みくださり、ありがとうございました…。

img_03681

(Visited 101 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする